PostgreSQL 8.1 の起動

インストールした PostgreSQL を起動して動作の確認を行います。
また PostgreSQL の自動起動スクリプトを作成して OS 起動時に自動的に PostgreSQL を起動するように設定します。

PostgreSQL の起動と終了

PostgreSQL は以下のように起動します。

# su - postgres
$ pg_ctl start

PostgreSQL のステータスを表示させて起動の確認をします。

$ pg_ctl status
pg_ctl: postmaster is running (PID: 9544)
/usr/local/postgresql-8.1.5/bin/postgres

PostgreSQL を停止する場合は以下のように実行します。

$ pg_ctl stop
$ exit

PostgreSQL の自動起動スクリプト

PostgreSQL の自動起動スクリプトを使うことで、サーバーマシンが起動するときに自動的に PostgreSQL を起動させることができます。
PostgreSQL の自動起動スクリプトは PostgreSQL のソースファイル(contrib/start-scripts/linux)に含まれています。
これを /etc/init.d/postgresql ファイルとしてコピーします。

# install -o root -g root -m 755 /usr/local/src/postgresql-8.1.5/contrib/start-scripts/linux /etc/init.d/postgresql

コピーした自動起動スクリプトの自動起動設定を行います。

# update-rc.d postgresql defaults 98 02

自動起動スクリプトを使って PostgreSQL を起動する場合は以下のように実行します。

# /etc/init.d/postgresql start